胸を大きくするためには女性ホルモンをupさせればいいの?

張りのあるバスト、大きな胸・・・丸みのある女性らしい体は女性なら誰もが憧れますよね。
この女性性は、確かに女性ホルモンの影響を大きく受けてかかわっていますが。だからと言って女性ホルモンの分泌量が多かったり、バランスよく分泌されているとは限りません。
胸を大きくするためには女性ホルモンをupさせればいいの?
女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロンという2つのホルモンがバランスよく切り替わり分泌されることで、正常な状態を保っています。
このエストロゲンには、お肌の張り&ツヤなどの美容効果や、バストアップ効果も。
だからと言って、女性ホルモンの分泌を助長させるる努力をして、過剰な状態になるのは、ホルモンバランスが乱れ本末転倒。
乳がんや、子宮筋腫、子宮内膜症などの病気を引き起こす原因にもなりえます。胸を大きくしても、不健康でストレスフルま生活をしているとホルモンバランスは乱れてしまいます。
女性ホルモンは、一生のうちで小さじ1杯程度しか出ないと言われています。
胸を大きくしたいあまり、必要のない女性ホルモンの分泌を過剰にすることは大きな危険を伴いますのでやめたほうが良いでしょう。
女性ホルモンの分泌を促すには、脳をリラックスさせて、心も体も安定させることを心がけているほうが、ホルモンの分泌がスムーズになり体にいい影響を及ぼします。
女性ホルモンをupさせるためには、なによりバランスが大切ということを念頭に置いておくのがベストですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です