TBCは痛いけど完ぺき

TBCの脱毛は、毛根に電気刺激を当て、一本一本除去していくシステムです。
初めて施術してもらったときは、あまりの痛さに絶対無理、と思いました。
それで、一度光脱毛に転向したのです。
光脱毛というのは、皮膚のやや広い範囲に光を当て、徐々に毛量を薄くしていく脱毛です。
こちらは、少々熱くはあるものの、痛みはほとんどありません。でも、3年通ってもつるつるにならないんです。
エステティシャンの方がおっしゃるには、人それぞれ毛の量が違うため、完全脱毛に至る年月もばらばらとのこと。
確かに薄くはなってきているのですが、やっぱり、金輪際毛の処理をしなくていいお肌が早くほしいのです。
というわけで、再びTBCの門をたたいたのでした。
覚悟を決めて施術を受けると、依然あれほど痛かった電気刺激も、さほどではありませんでした。思い込みというか、意識の問題なのかもしれませんね。
針の脱毛は、光脱毛よりも結果が早く出るといわれています。
光脱毛をした後で通いだしたTBCですが、1年ほどでつるつるの肌を手に入れることができました。脱毛処理をしなければならないという煩わしさに比べたら、電気脱毛の痛みなど、微々たるものです。
今は、いつでもミニスカートをはけますし、タンクトップも着られます。
最初にTBCを訪れた時、断念せずに続けていたら、もっと若いうちからつるつるの肌を手に入れられたのにと思うと、ちょっと悔しいですね。
TBCは痛いけど完ぺき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です